協議会について

設立

平成11年7月24日

所在地

  • 岐阜県瑞浪市釜戸町2673番地の1 釜戸コミュニティーセンター内
  • 電話番号:0572-63-2005
  • FAX番号:0572-63-0002

目的

    町民及び各種団体・事業所並びに自然ふれあい館・公民館・コミュニティーセンター等が連携し、情報の共有化と生涯学習社会の形成をもって住民の幸福度向上のための地域環境の整備を目指し、区長会と協力して住みよいまちづくり活動の推進を図る。

構成員

55名

指定管理

    平成19年4月1日から釜戸公民館、平成25年4月1日から瑞浪市自然ふれあい館の指定管理者となり、まちづくり活動の中で、地域に合った諸活動の推進と環境美化や地域活性化に向けた取り組みを町全体で取り組んでいる。

表彰

平成27年5月15日 「地域づくり」部門で岐阜県各界功労者表彰受賞

平成30年度基本目標

安全・安心で住みよい釜戸づくり

平成30年度基本目標

  • 活力あるまちづくり(事務局:まちづくり)
  • 自然と共生する地域づくり(事務局:自然ふれあい館)
  • 自らの生きがいづくり(事務局:釜戸公民館)

重点方針

  • 健康づくり…心身共に健康な体づくり、 健康管理意識・知識の高揚
  • 暮らしづくり…居場所の確保(働く・学ぶ・伝える)、地域の再生
  • 人づくり…住民力の拡充、グループ活動の支援と創出
  • 運営改善…集落支援員との連携、地域出前活動の促進

瑞浪市夢づくり地域交付金事業

(1)健幸生きがい増進事業

 健康づくりの三要素として、「脳(頭、心)」・「食(食生活)」「体(運動、仕事)」を位置づけ、推進にあたり当該事業の他にも公民館事業と連携し取り組んでいきます。

◇”てくてく釜戸”~健康&ふれあいウォーキング~

 最も手軽でお金もかからない運動”ウォーキング”を自発的に生活の中に取り入れ、生活習慣病の予防や寝たきり、介護を要しない健康な体づくりを町全体でサポートします。また、隣近所を誘い合い世間話をしながらのウォーキングを楽しむことにより、地域の人と人との絆づくり、友だち探しなど地域交流の場を提供します。平成30年度は当該事業の3か年計画の最終年度。事業終了に伴い、効果の検証とともにウォーキング効果による健康寿命の延伸と町民相互の絆づくりを今後も継続的に進めるため、3か年に亘ったウォーキングのコースマップ全集(見どころ情報入り)を作成します。

 

(2)地域活性化事業

◇かまど日曜楽市”白狐と河童と竜の市”事業

 町人口の減少や地域を担う人材の高齢化が進むなか、町民同士の絆と連携をより深め、町の活性化と町民自身の生きがいづくりを目的に、年2回(6月、12月)”日曜楽市”を開催します。コンセプトは「町民ふれあいの場」「買物を楽しむ場」「趣味の手作り品が販売できる場」「不用品リユースの場」。また、楽市の活気と販売促進のため、町の民話に登場する白狐、河童、竜を町のキャラクターに登用し、併せて釜戸町の特産品開発を進めます。

 

(3)青少年健全育成事業

◇和太鼓”青龍”の演奏環境整備

 プロの和太鼓集団”志多ら”の編曲による新たなオリジナル曲の制作のほか、太鼓の演奏にふさわしい衣装の新規整備により、”青龍”の演奏環境の充実を図ります。

 

(4)チャレンジ研究室提携事業

◇”バサラ覚えちゃおう!IN夏祭り”事業

 夏まつりのさらなる活性化のみならず、高校生による中学生へのバサラの演舞指導を通して、同世代のコミュニケーションによる青少年健全育成と地域の次世代を担う若者の育成を図ります。