協議会について

設立

平成11年7月24日

所在地

  • 岐阜県瑞浪市釜戸町2673番地の1 釜戸コミュニティーセンター内
  • 電話番号:0572-63-2005
  • FAX番号:0572-63-0002

目的

    町民及び各種団体・事業所並びに自然ふれあい館・公民館・コミュニティーセンター等が連携し、情報の共有化と生涯学習社会の形成をもって住民の幸福度向上のための地域環境の整備を目指し、区長会と協力して住みよいまちづくり活動の推進を図る。

構成員

 55名 

指定管理

    平成19年4月1日から釜戸公民館、平成25年4月1日から瑞浪市自然ふれあい館の指定管理者となり、まちづくり活動の中で、地域に合った諸活動の推進と環境美化や地域活性化に向けた取り組みを町全体で取り組んでいる。

表彰

平成27年5月15日「地域づくり」部門で岐阜県各界功労者表彰受賞

令和2年度 基本目標

『 安全・安心・元気なまち 釜戸 』

令和2年度 重点目標

  • (1)健幸づくり健康・長寿のまちづくり
  • (2)絆づくり地域資源を生かしたまちづくり
  • (3)活気あるまちづくりイベントを通した地域の魅力発信

重点方針

・心身共に健康な体づくり

・健康管理意識・知識の高揚

・地域資源を生かした釜戸町の魅力発信

・町イベントを通した地域交流

・域学連携事業の推進

・地区出前活動の促進

瑞浪市夢づくり地域交付金事業

(1)釜戸いきいき健幸マイレージ事業

 少子高齢化に伴う引きこもりや町の活力減衰を食い止めるため、町民同士がふれあう機会の多い町行事への参加にはポイントを付与し、規定ポイント達成者に特典(釜戸町協賛店利用券等)を進呈。自らの気力向上と地域の絆づくり、地域経済の活性化を図る。

 

(2)釜戸町活性化・魅力発信事業

 名所等の案内看板設置により町の魅力を多方面に発信する。釜戸町特産品(食品)を中京短大栄養科と連携し開発・販売をする。マスコットキャラクターをイメージした食品や伝統的な食品を現代的にアレンジした食品を協同開発する。特産品は「かまど楽市」で販売し、町の知名度アップや市の活性化に協力する。

 

(3)かまど楽市”白狐と河童と竜の市”事業

 町の活性化及び地域の絆と連携をより深めるため開催する(11/21)。また、町のオリジナルマスコットキャラクターを活用し、市を盛り上げるとともに釜戸町の知名度向上も図る。さらに域学連携として中京高校の「真剣堂」にも出店を依頼し、市を盛り上げてもらう。

 

(4)和太鼓 “青龍” の演奏環境整備事業

  “青龍” の町内行事での太鼓演奏を通して町の活性化を図るとともに、太鼓の指導を通した青少年の健全育成を図る。また、域学連携として瑞浪高校生活福祉課と連携して、“青龍” の衣装を新調する。デザインについては、協議の上決定し、衣装の製作依頼する。

 

(5)イベント整備事業

 昨年の夏祭り前日に台風の影響で突風が吹き、2基のテントが飛ばされ支柱が破損した。テントは町の多くの行事でも使用するため新たに2基購入する。テントの組み立ては危険を伴うこともあるので購入するテントは簡易組み立て式のものとする。

自主(普及)事業

・竜吟峡滝開き(神事・式典)(5/3)

・第21回釜戸町夏まつり(8/1)

・第47回釜戸町文化祭(10/24-25)

・竜吟窯、作業場の継続的な活用

・定期野菜市の開催(釜戸公民館:毎週木曜日)

・釜戸フォークジャンボリーの開催(9/13)

・ボランティアの運用と活動支援

・地域環境美化事業 花苗配布 春(6/5)(10/30)

地域づくり町民会議事業

 地域づくり町民会議の運営

施設管理事業

・JR釜戸駅受託業務

・JR釜戸駅駐輪場清掃受託業務

・ドラゴン広場トイレ等清掃

・記念碑庭園整備

地域活動支援事業

・団体助成

・交流促進

広報活動

・ホームページ

・かまど通信

・まちづくりだより